洗剤で”油汚れ”が落ちる理由 “まぜるな危険”はホントに危険

界面活性剤のパワーを解説 洗剤は用法用量を守って正しく使いましょう

 消費者庁による定義を要約すると、洗剤合成洗剤は以下のような定義です。

・界面活性剤、洗浄補助剤、添加物などを主成分とし、界面活性剤による洗浄作用をもつもの
・化粧品は除外され、また研磨剤も成分として含まないもの

 界面活性剤とは『水と油、両方に馴染みやすい物質の総称』です。どちらにもよく馴染むということは、間接的に水と油を混ぜ合わせる性質があるので、洗剤で洗うことで油汚れを吸着、そのまま水で洗い流せるということになります。

 石鹸脂肪酸塩も、界面活性剤の効果で手指の汚れを落としますね。

 合成洗剤は台所用、洗濯用など使用意図により成分に関する細かい区分けがあり、商品はそれらに従った比率のもと作られているようです。

消費者庁:合成洗剤の定義、商品記銘に関する制度については こちら

油を溶かすのは”油”だけ

 手についた油汚れ。いくらを流しこすり洗いをしたところでヌルヌルベトベトは落ちませんよね? ですが、洗剤を泡立てて洗い流してみたらどうでしょう? あっと言う間に手から油よごれが抜け落ちていくのがわかります。

 ちなみに、食器洗い用などの洗剤はアルカリ性であることが主です。アルカリ性はタンパク質を溶かす性質があるため、食器洗い用の洗剤は洗剤として有用な反面、人間の肌も溶かし手荒れの元になってしまいます。お肌をいたわるため、手洗いは食器洗い用の洗剤ではなくハンドソープを利用しましょう。

内部リンク:酸性とアルカリ性の違いについては こちら

界面活性剤の構造

 界面活性剤は『水と油、両方に馴染みやすい物質の総称』です。界面活性剤が油汚れに次々とくっついていき周りを取り囲むことでお皿などから分離、そのまま水で洗い流せるようになります。上記画像の棒の部分で油汚れを包み込むイメージです。

 界面活性剤には以下のような効果があります。

・水と油を間接的に馴染ませる
・水の表面張力(界面張力)を弱め
  洗剤成分や水が細かい繊維内に浸透しやすくる
・汚れだけでなく細やかなスス汚れなども取り囲み
  油と同じ要領で洗い流せる

 界面活性剤はよく『マッチ棒』の形にたとえられます。火を起こす丸いほう『●』が、水に馴染みやすい『親水基』、持ち手の棒の方『』が、油に馴染みやすい『親油基』と呼ばれる構造をしており、それぞれの部分で水と油によく馴染み、洗い流すことで油が水と一緒に落とされていくのです。

 ちなみに、洗剤のCMにあるような『洗剤を1適落としたら油汚れがパッと散る』的なアレ、水面に落ちたこのマッチ棒が油に反応し、マッチ棒の“棒”の部分が油と馴染もうとして中央から全体に広がっていくため起こるものです。

 界面活性剤を含む洗剤なら、どれでも起こりうるものなのですね。

水は水 油は油

 水と油は決して混じり合うことはありませんが、油を水の膜で覆ってしまえば話は別ですよね? それを界面活性剤は実現しているのです。

 界面活性剤の仕組みは科学界で広く利用され、たとえばマヨネーズは、同じ油であるドレッシングと違い、分離せず安定した状態のままですよね? マヨネーズは卵黄を材料とするため、卵黄に含まれる『レシチン』が界面活性剤の役割を担い、分離しないままの状態を維持できます。

 また、人間の身体もを吸収する際血液に溶けやすくする仕組みがあります。脂質は消化が難しいのですが、腸内で胆汁酸が界面活性剤として働くことで消化しやすくしてくれるのです。これらに関しては以下のリンクを参照していただければ幸いです。

内部リンク:人間の消化器官については こちら

注意点 まぜるな危険

 界面活性剤の一部にはタンパク質を変性、破壊する性質があるようです。洗剤やシャンプーにはそういったものが含まれており、誤飲によって消化管の粘膜を傷つけてしまい、嘔吐や下痢などを引き起こす恐れがあります。

 洗剤のなかでも、特にトイレやお風呂などは強力な洗剤が必要になります。これらはアルカリ性、酸性に強く傾いている場合が多いため取り扱いは非常に注意が必要ですね。

 また、洗剤のなかには『まぜるな危険!』と大きく注意書きがされた商品もあります。これは国により表示が定められたもので、以下の組み合わせは人体に超害悪な塩素ガスを発生させます。

酸性洗剤 + 塩素系洗剤 = 塩素ガス!

<strong>Aさん</strong>
Aさん

あれ、この洗剤(酸性)あまり効かないなぁ……
  ――じゃあこっち使ってみよ(塩素系洗剤を手に取る)

 さっきまで使っていた洗剤をよく洗い流さず、試しに違う洗剤を使ってみる……可能性としては充分に起こり得るシチュエーションです。みなさんはトイレやお風呂、水回りの掃除をする際これらのことに注意しておきましょうね。

YouTubeチャンネル、東京消防庁公式チャンネル:投稿動画より

ちょっと興味深い情報

 新型コロナウイルス感染症が猛威を奮っている時代ですが、そのなかで国が『新型コロナウイルスに有効な界面活性剤が含まれている製品』をリスト化して公表しています。2021年10月31日をもって更新は終了しましたが、2022年5月9現在でもサイト上で公開されています。ぜひ参考ください。

独立行政法人、製品評価技術基盤機構
 新型コロナウイルスに有効な界面活性剤が含まれている製品リストは こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました